九星気学で一年の運勢を占おう【運の流れを可視化】

コンテンツ一覧

最も合理的な占断方法

占い道具

偶然性に依らない占い

世の中には数多くの占いが存在します。それらはカードやコインを利用した占いから、占い師の感性による占いまで様々です。これらの占いの多くは偶然性に頼るものであったり、占い師の資質や能力に大きく依存した占断だったりします。そのため占いの結果の根拠が合理的ではないのがほとんどです。そんな中で、占断の方法論や吉凶の判断の仕方が合理的に確立されているのが九星気学です。九星気学は明治時代に園田真二郎が確立した気学を基本としています。九星気学は運勢の吉凶を占うことが出来ることはもちろん、上司と部下や恋人たちの相性など人間関係の吉凶を占うことが出来ます。さらに自宅や勤務先を起点にした吉方位の占断を行うことが出来ます。九星気学では、誕生年月日から九星と干支、五行を求めることから始めます。そして求めた九星および干支と五行から、様々な占いを行います。もし九星気学でその年の運勢を占いたい場合には、その年の九星と干支、五行を求めます。そして誕生年の九星と干支、五行との関係から運勢の吉凶を占断します。九星気学の基本は九つの星です。それらの星には木火土金水の五行の要素が一つづつ備わっています。運勢を占断する場合も、相性や吉方位を占う場合も、この五行の要素の関係から占断を行います。このように九星気学では、年月日時ごとに九星が紐づけられており、その星との相関関係を占断します。また、吉凶の理由が明確に規定されているため、占い師の資質に依存することなどないため、客観的な占断をすることが可能です。曖昧さの残る占いが多い中で、最も理論的かつ合理的な占断方法が九星気学と言えるでしょう。

Copyright© 2018 九星気学で一年の運勢を占おう【運の流れを可視化】 All Rights Reserved.